お知らせ

投稿日時:2018-5-16 9:10:16

住宅用火災警報器の取り付けを支援します。(平成30年4月から実施中)


住宅火災から大切な命や財産を守るため、全ての住宅に「住宅用火災警報器」を設置することが消防法により義務付けられています。住宅用火災警報器は購入したものの、ご自身で取り付けることが困難な高齢者や障がい者世帯等を対象に、消防職員がお宅を訪問し、設置のお手伝いをします。


〇抉臚睛
 住宅用火災警報器の取り付けを消防職員が行います。
 ※住宅用火災警報器は、ご自身で用意してください。


対象世帯
 住宅用火災警報器の取り付けを行うことが困難な高齢者や障がい者世帯のうち、取り付け支援を希望する次の世帯になります。

  1.65歳以上の方のみで構成されている世帯
  2.身体障がい者手帳の交付を受けている方がいる世帯
  ※上記以外の世帯でも取り付けを支援できる場合があります。


受付・取り付け時間
 平日の午前8時30分〜午後5時まで


た修傾み方法
 お近くの消防署(分遣所)に直接お越しいただくか、電話での申し込みになります。なお、代理の方の申請も可能ですが、委任状が必要となります。


お申込み・お問い合わせ先はコチラからご確認ください。


投稿日時:2018-5-10 19:03:36

こちらからご確認ください。(ファイルがダウンロードされます)


投稿日時:2018-5-9 9:07:51

平成30年度公共工事の入札結果は、下記よりご確認ください。

5月2日(条件付一般競争入札)


投稿日時:2018-5-7 10:03:22

「平成30年度 西諸広域葬祭センター改修工事 機械設備工事」の条件付一般競争入札を行います。

詳しくは、下記ページよりご確認ください。

平成30年度 西諸広域葬祭センター改修工事 機械設備工事


投稿日時:2018-5-7 10:01:56

「平成30年度 西諸広域葬祭センター改修工事 電気設備工事」の条件付一般競争入札を行います。

詳細は下記ページよりご確認ください。

平成30年度 西諸広域葬祭センター改修工事 電気設備工事


投稿日時:2018-3-29 8:54:00

 これまで、西諸広域葬祭センターの休業日は「1月1日」と「友引日」でしたが、皆様のご意見をもとに平成30年4月1日から友引日は通常どおり開業することとなりました。
 ただし、施設の管理上必要と認める日は、友引日に限らず臨時に休業させていただく場合があります。
 葬祭センターのご利用につきましては、今後とも皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。





投稿日時:2018-1-23 8:46:23

平成29年度西諸広域行政事務組合職員採用試験
第一次試験合格者受験番号(平成29年10月15日実施分)

事務職員A(大卒程度) 1名
A0006
事務職員B(高卒程度) 2名
B0001  B0005
消防吏員C(高卒程度) 6名
C0004  C0005  C0007  C0011  C0019  C0020
[受験番号順]

※ 第一次試験合格者は、下記のとおり第二次試験を行います。
◎ 日 時 平成29年11月11日(土)8時00分〜8時20分受付
◎ 場 所 西諸広域行政事務組合消防本部
※ 第一次試験合格者には、受験票に記載した住所に合格通知を送付します。
 消防吏員Cについては、同封している健康診断書用紙で受診し、第二次試験当日、受付に提出すること。

問合せ先
〒886−0007
宮崎県小林市真方493番地
西諸広域行政事務組合消防本部内
西諸広域行政事務組合事務局
電話  0984−22−5526
FAX 0984−22−7710


投稿日時:2018-1-23 8:45:33


投稿日時:2018-1-23 8:44:14

○概要
  表示制度は、ホテル・旅館等の関係者からの申請に基づき、消防機関が審査し、消防法令のほか防火安全上重要な建築構造等の基準に適合する場合に「表示マーク」を交付する制度です。


○目的
  表示制度は、消防法令のほか、重要な建築構造等に関する一定の防火基準に適合している建物の情報を利用者に提供することにより、防火安全体制が確立されることを目的としています。


○表示対象となる建物は
  3階建て以上で、収容人員が30名以上のホテル・旅館等(複合用途の建物内にホテル・旅館等がある場合を含む。)が対象です。


○実施期間
  平成26年4月1日から申請受付開始

平成26年8月1日から表示マーク掲出開始予定


○表示マークの交付を受けるためには
  表示マークの交付を受けるためには、上記に示した表示対象のホテル・旅館等の管理権限者が、「表示マーク交付(更新)申請書」に申請に必要な書類を添付し管轄の消防署所に申請し、消防機関の審査の結果、表示基準に適合していることが認められた場合に表示マークが交付されます。
なお、詳しくは最寄りの消防署、分遣所までお問合せください。


○表示制度の対象外の建物について
  ※表示対象外の旅館・ホテルに対しては、「表示制度対象外施設申請書」の申請により「表示制度対象外施設通知書」を交付することが出来ます。
(表示制度対象外施設に対する審査についても、対象施設と同様になります。)




投稿日時:2018-1-23 8:40:46

住宅用火災警報器の不適正な販売にご注意を!

消防法の改正により住宅用火災警報器の設置が義務化になります。

・新築住宅は平成18年6月1日からとなります。

・既存の住宅については平成23年6月1日から適用されることになっています。(西諸広域外、県内のほとんどの市町村で条例の改正が行われました) 

・住宅用火災警報器を設置される場合は、防災設備取扱店、ホームセンター などでも取り扱っていますが、性能によってその価格に差があります。よく確かめて購入することが大切です。

・消防署が住宅用火災警報器を販売することはありません。
※ 住宅用火災警報器に関する問合せ ※

消防本部・予防課 0984−23−5537

住宅用火災警報器相談室
連絡先: 0120−565−911(フリーダイヤル)

機器の品質を保証するものに、日本消防
検定協会の鑑定制度などがあります。
(性能の確認された鑑定品等なら安心です)


投稿日時:2018-1-23 8:40:12

○使用料について

西諸広域葬祭センターにつきましては、昭和59年の共用開始から現在まで、徹底した合理化により、使用料の値上げをすることなく運営してまいりました。しかし、諸般の事情によりこのままでは運営が厳しい状況となってまいりました。
つきましては、平成17年4月1日から、組織内市町村住民である12歳以上の方の使用料を3万円とさせていただきますのでお知らせいたします。

○休業日について

西諸広域葬祭センターの休業日は、特別な場合を除き、これまで1月1日のみとなっていました。しかし、管内では六曜にかかる「友引」の日の利用がほとんどない状況です。
そこで、「友引」の日をセンターの環境整備等効率的に運営するために、平成17年4月1日より休業日とさせていただきます。

○アルコール類について

葬祭センターの飲食につきましては、これまで制限を設けずに運営してまいりましたが、遺族の方より、最後のお別れの場となる葬祭センターでは、故人をできるだけ静かに送りたいとのお声が多くよせられております。
そこで、公共の施設として、ご遺族の心情にも配慮し、平成17年4月1日より施設内へのアルコール類の持ち込みをご遠慮いただくことになりましたので、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。